西武のうぐいす嬢鈴木あずささん平成最後の珍プレー大賞受賞!

西武のうぐいす嬢を務める鈴木あずささんが2018年12月8日フジテレビ『中居正広プロ野球珍プレー好プレー大賞2018』で珍プレー大賞を受賞されました。鈴木あずささんについてまたちょっと番組の賞についても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

西武のうぐいす嬢鈴木さんってどんな人?

鈴木あずさ(すずきあずさ)さん

誕生日 8月19日

ジャンル 西武ライオンズ球団職員 広報部 

趣味 一人旅、読書

スポンサーリンク

どうして鈴木あずささんが選ばれたの?

西武うぐいす嬢の鈴木あずささん、日本ハムの杉谷拳士選手へのいじりを交えたアナウンスが話題となっています。

2014年9月に杉谷拳士選手からのリクエストにより始まったこのいじりアナウンス。

普段は挨拶程度でそこまで親しい間柄ではなかった二人。杉谷拳士選手から「今日、打撃練習で最後の打者なので、打撃練習終了のアナウンスの時に杉谷選手、打撃練習終了です、と言ってくれませんか?」とのお願いが。その際、実際にやらなかったそうですが、寂しそうな杉谷拳士選手の様子を感じ取り、9月に杉谷拳士選手がスタメンを外れた際に始めたそうです。

本人からも周りからも反応が良く、「次もお願いします。」ということで続いています。

「杉谷選手が打撃練習をしています。ブレイク中の杉谷選手の鋭い打球が思いがけずスタンドに飛び込むことがございます。」

「お客様、ただいま内野も外野もベンチも守りますスイッチヒッターの杉谷拳士選手がバッティング練習を行っております。どうぞご注目ください。」

「北海道ラベンダーの街上富良野町の応援大使杉谷拳士選手、バッティング時間後10分です。」

等のいじりを他のアナウンス同様誠実なトーンで放送されています。またそれがおもしろいんですけどね。

そんなこんなで、現在は球場の名物になっているようです。

 

今回の『中居正広プロ野球珍プレー好プレー大賞2018』でみのもんたさんが「珍プレー大賞」が発表される際にも杉谷拳士選手が受賞されるのかという雰囲気でしたが、賞は鈴木あずささんへ。

「杉谷選手はただいじられただけ。」と竹山さんからのコメント。杉谷拳士選手もあぜんとした様子でした。

過去、選手が受賞していたこの諸賞。

初の大賞が選手ではないという落ちで大盛り上がりとなりました。

 

平成最後の珍プレー大賞受賞!

鈴木あずささんは大賞を受賞し、

「まさかこのような素晴らしいタイトルをいただけるとはプロ野球に携わる人間としてはとても光栄に思います。これからも野球を好きになっていただけるように魂を込めてアナウンスをしていきたいと思います!」

ープロ野球ファンの方々へメッセージー

「来シーズン以降も球場に来ていただいて、いつもより30分くらい早く来ていただいておもしろいこと、自分の好きな事、魅力のある事をたくさん見つけていただければと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。」

とコメントされました。すごくはきはきと明るく挨拶されていました。やはりアナウンス以外のこんな時のコメントも少しカジュアルではありますが聞いていてとても心地いいです。

この大賞を受賞された鈴木あずささんに対して、杉谷拳士選手からは

「鈴木さん!珍プレー好プレー大賞おめでとうございます!正直・・・嫉妬しています。(ファンのみなさまから)温かい目で見守ってもらえるのも鈴木さんのおかげです。これからも長い付き合いをよろしくお願い致します。」

との声。

この2人、なんだか本当にいいですねぇ。

まとめ

めでたく珍プレー大賞を受賞された鈴木あずささん。みのもんたさんの発表の途中まで受賞できるかという雰囲気だった杉谷拳士選手。この楽しい2人のコラボレーションや今後のいじりアナウンスも楽しみです。

鈴木あずささん、今回の受賞おめでとうございます。

スポンサーリンク