セブン店員には客のコーヒーサイズがわかる?新型機導入後の変化は?

セブンイレブンのコーヒーは低価格でおいしいと評判で、コンビニのコーヒーの価値観を変えたことで知られていす。

コーヒーの代金をレジにて支払い、その後は客自身でコーヒーマシンを使ってコーヒーを注ぐという仕組みです。これは、セブンでコーヒーを注文したことがある方は知っていると思います。

この仕組みを利用してかコーヒー代を50円ごまかすという事件が今回起きました。

今回はその事件の詳細と、店員がどうやってそれを見抜いたのか、また、コーヒー新型機の導入導入後どんんな変化が見込まれるか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

セブンイコーヒーで窃盗罪で逮捕の事件とは?

1月21日、福岡県のセブンイレブンで、男性(62)がコーヒー用の100円のカップを購入し、150円のラテを注いだ62歳の男性が窃盗の疑いで逮捕された。

常連の客から「コーヒーカップにラテを注いでる。」と目撃情報があり、店員が警戒しているとその男性がコーヒーカップにラテを注いだということです。

始めは「ボタンを押し間違えた。」と言っていたが、警察の取り調べでは容疑を認めたという。

たった50円の金額のごまかしだが、

窃盗罪・・・10年以下の罰金または50万円以下の罰金

と重い罪となる。

窃盗容疑で逮捕された本人はここまで大きな問題となることを予想はしていなかっただろう。

このニュースを聞いて私自身もコーヒーのサイズ違いという文字から窃盗罪が結びつかず驚いた。

それと同時に、カップのサイズより少なめに注がれるセブンイレブンのコーヒーだから、レギュラー(R)のサイズのカップを購入し、ラージ(L)のボタンを押す客もいるのではとも思った。

とにかく、こういうことを今までにしたことのある客は他にも多くいそうである。

ただ、今となってはそんなことをした本人たちも言えないだろう。

窃盗罪となるのである。

スポンサーリンク

セブンイレブンの店員は客が押したボタンのサイズがわかる?

セブンイレブンのコーヒーマシンの前にしか立ったことのない私は知らなかったが、私たちが押しているコーヒーマシンのサイズが中の店員には確認できる仕組みになっているらしい。

店員はレジカウンター内から客が押したボタンがチェックできる。

店員が押し間違えと判断した場合、差額を請求することができる。

セブンイカフェ新型機導入

2018年10月に発表があったセブンカフェ新型機の導入。

ホットとアイス、容器のサイズを自動で検知し注ぐことのできるスマートな機械となる。

メリットとして

○客がコーヒーの種類を選ぶ必要がなくなる。PUSHボタンを押すだけでOK。

○客の押し間違いを防ぐ。

○コーヒー抽出時間が短くなる(ホットコーヒーレギュラーサイズは現在の45秒から39秒となる。)ので客の待ち時間が減る。

ということが言える。

それぞれの店舗への導入は調節中ということだ。

これらの新型機はブラックコーヒー対応のみとなるので、同じ機械でラテを入れることはできなくなる。

なので新型機導入により、今回のような窃盗事件は防げると思う。

ただ、ラテのサイズのごまかしへの対策の一つにはならない。

だが、今回のコーヒー100円カップにラテ150円を注ぎ窃盗罪という事件はかなり知れ渡っているのでよっぽどのことがない限り今後、同じことが起こらないと予想する。

どんどん進化していくセブンイレブンのコーヒーマシンに期待すると共に、今回のような金額をごまかす事件が起きないことを願いたい。

まとめ

今回の事件セブンのコーヒーということで大変身近に感じた。しかも50円という安い金額での窃盗罪での逮捕。

50円と安いと言えども罪は罪である。例え小さな金額でもごまかしてはいけないということだ。

やはり、大小に関わらず、正しいことは正しい、間違っていることは間違っているのである。

 

スポンサーリンク