南沙良の泣きの演技がすごい?ドラマや映画でどんな役を演じているの?

2019年1月4日から放送のドラマ『ココア』に初主演されている南沙良さん現在若干16歳高校1年生です。

モデルとしてデビューした南さんですが、最近では迫力ある演技にも話題沸騰中です。

そんな南さんの演技でも特に泣きのシーンがすごい!という声があります。

また、今までのドラマや映画ではどんな役を演じてきたのでしょうか。

ここで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

南沙良の泣きの演技がすごい?

現在、女優としても人気急上昇中の南沙良さんですが、実はデビューはモデルからでした

2014年、第18回二コラモデルオーディションに応募され、11256人中の6人の中の一人です。まさにプリンセスガールですね!この確率がすごいです。

その後、雑誌二コラの専属モデルとして活躍され、2018年2月に初の表紙を飾っています。

好きなファッションはゆるずるファッションや古着、jouetieだそうです。

モデル業もしながら、女優としても活動している南さん。

「小さいころから女優を目指していた」と言います。

映画やドラマでの泣きの演技に感動した人たちも多いようです。

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』のラストの涙のシーンでは

「ひとつひとつの感情をすごく大切に心に留めながら演技をしてきたので、自然と涙が溢れてきました。」と話していた南さんです。

泣く演技ってとても難しいことの一つだと思うのですが、流石ですよね。

スポンサーリンク

ドラマでの南沙良さんの役柄は?

2019年1月4日より南沙良さん初主演のドラマ『ココア』が始まりました。

いじめや両親の不倫、学など学校生活や家庭で悩みや後悔を抱えている灯役(南沙良さん)、香(出口夏希)、志穂(永瀬莉子)の3人の女子高生が主人公です。

渋谷ハチ公前で出会ったギタリスト雄介に友人の話として自分の悩みを打ち明けることからだんだん変化していくといった展開です。

南さんは灯についてかわいらしくて小悪魔的キャラクターだと言っています。また、強がって自分の中にある芯を隠してしまう女の子です。

映画での南沙良さんの役柄は?

南沙良さんは映画でどんな役を演じているのでしょうか。

映画デビュー作品と、主演を務めた2作を紹介したいと思います。

幼な子われらに生まれ

2017年に映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューされています。

血のつながらない父親役の浅野忠信さんと実の母田中麗奈さんの娘役、薫でした。2人と共に暮らしながら複雑な感情を抱えた女の子の役です。

一見、不愛想でぶっきらぼうな薫ですが、その中に優しさや素直さを持っています。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

 

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』でW主演の蒔田彩珠さんと共に第43回報知映画賞新人賞を受賞され、また同作品で第61回ブルーリボン賞作品賞と新人賞にノミネートされているので演技の周りからの評価は高いといっていいでしょう。

高校1年生の志乃ちゃんの役です。

志乃はうまく言葉が話せず話そうとする度に言葉につまり、人の前で表現することが苦手な人物です。

そんなところからクラスに馴染めずにいました。ひとりぼっちの生活を送っていましたが、ひょんなことから同級生の加代(蒔田彩珠)と友だちになります。

音楽が好きなのに音痴な加代は、思いがけず聞いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘います。文化祭へ向けて猛練習をする中、志乃をからかった同級生の男子が加わって。。。という内容です。

無限ファンデーション

2018年映画『無限ファンデーション』でも主演を演じた南沙良さん。

幽霊の女の子・小雨と出会った友だちのいない女子高生の未来役です。

密かに服飾の道を夢見る未来のスケッチブックを見た演劇部のナノカから衣装スタッフに誘われるというあらすじです。夢に向かってまっすぐな役柄で青春物語となっています。

演技の評価も良い南沙良さん、泣きのシーンや即興までも!

今後もたくさんの作品で披露して欲しいですね。

まとめ

女優デビューして間もなく、主演を演じ、賞を受賞したりと既にその才能を見せている南沙良さん。才能だけでなく、南さん自身の努力もあったことでしょう。

今後はサイコなキャラクターやアクション、色々な役柄やドラマ映画にチャレンジされたいそうです。

楽しみですね。

スポンサーリンク

南沙良さんの関連記事はこちら↓

南沙良は麻生中学校出身で高校はどこ?制服姿がかわいい!【画像】