2018年紅白広瀬すずの衣装はどこの?スタイリストさんは誰?

2018年『紅白歌合戦』今回で69回目となります。平成最後の紅白です。赤組司会は女優として活躍中の広瀬すずさんです。白組の司会櫻井翔さんと共に振進行されます。

目をきらきらさせて、はきはきとスムーズに進行されていました。さて広瀬さんが今回紅白出演中に着ていた衣装はどこのブランドだったのでしょうか。

センスのあるスタイリストさんは誰なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

2018年紅白の広瀬すずの衣装はどこの?

広瀬すずさんが紅白司会をする中、広瀬すずさんのかわいさに加え衣装も話題になっていました。

 

紅白だけに普段以上に衣装に気合が入っていますし、見ているのも衣装チェンジが楽しみですよね。

 

1着目 ドットとストライプのドレス

1つ目のこのドレスは「Louis Vuitton ルイヴィントン」のドレスで50万円相当です。

ルイ・ヴィトンはフランスのブランドとして知られていますよね。

フランスのスーツケース職人であったルイ・ヴィトンさんが1821年8月4日に始めたファッションブランドです。

ドットとストライプがうまい具合に交じりあってハイセンスですよね。

2着目 黒のノースリーブドレス

二つ目のドレスはこちら!

紅白のリハーサルでも着られていましたよね。

デコルテと背中が大きく開いた黒のノースリーブのドレスです。胸元のお花もかわいらしいですね。

このドレスのブランドは『Alexander McQueen アレキサンダー・マックイーン』というブランドのものです。

こちらはイギリスを代表するファッションブランドでイギリスのファッションデザイナーアレキサンダー・マックイーンさんが1992年に設立したものです。

一着目、2着目同様2019年の新作です!

3着目 赤のケープドレス

つづいて3着目のケープドレスは『VALENTINO ヴァレンティノ』のものです。

1960年にイタリアのヴォゲラ出身のヴァレンティノ・ガラヴァ―二さんが設立されたブランドです。

 

スポンサーリンク

 

 

広瀬すずさんの紅白のスタイリストさんは誰?

今回広瀬すずさんにフランス、イギリス、イタリアのブランドを豪華にスタイリングしたスタイリストの方って誰なのか気になりますよね。

紅白で広瀬すずさんのそれぞれの衣装に注目が集まっていたため、スタイリストさんが気になりましたが、今のところ情報がありませんでした。

また新しい情報が入り次第、ここに書き込みたいと思います。

 

まとめ

今回69回目平成最後の紅白にふさわしいかわいらしくハイセンスな衣装で司会を務めた広瀬すずさん。

今回はドレスのブランドをまとめました。

今回の衣装を選んだスタイリストさんの新情報が入るのが待ち遠しいです。

スポンサーリンク