子連れ出勤の満員電車で予想される問題は?対策について調査!

2019年1月15日に宮腰光寛少子化担当相は15日、子連れ出勤(子どもと一緒に仕事をする)を政府が後押しすると発表しました。

それに対し、賛否両論あるなかで今回は、子連れ出勤でまず出勤中の満員電車で起こるであろう問題点や対策は考えられているのかについて書いていこうと思います。

新しい対策が始まることに対してもまだ納得していない意見が多い中、電車通勤に対してはどこまで考えが進んでいるのか、またどんな対策があるのか考えてみました。

スポンサーリンク

政府はなぜ子連れ出勤を後押しすると言い出したのか。

政府から「子連れ出勤を後押しする」との発表があったのは、子連れ出勤を取り入れている授乳メーカー『モーハウス』(茨木県つくば市)を視察した後のことでした。

『モーハウス』で子連れ出勤のメリットや旦那さんの反応など質問をした後、幸せな赤ちゃんの顔を見て「乳幼児はお母さんと一緒にいることが何より大事ではないかと思う。」との考えからきたようです。

モーハウスは創業から子連れ出勤を実施し、子連れ見学会も実施している。

参考:MOHOUSE

 

目的は、『子育てと仕事の両立を図る環境作りを広めるため。』とあります。

確かに、近年働くお母さんも増加し続けている日本です。

ー男性雇用者と無業の妻から成る世帯

ー雇用者の共働き世帯

参考:少子化対策キッズページ

 

 

また、待機児童を減らすために子連れ出勤ではなく、保育士の給料を増やすことや保育所、託児所を増やして欲しいという意見も飛び交っています。

保育関係、子どもを預けられる場所、人の確保は色々対策はなされていますが、今回は待機児童を減らし、母親と過ごす時間を増やすことの重大さに考えがあるようです。

「赤ちゃんはお母さんと一緒にいるのが何より大切だ。この取り組みがモデルとして全国に広まってほしい。人手不足のなかで、子どもを産み育てやすい環境を作っていくことは企業としても重要」

宮腰光寛少子化担当相

これに対し、お母さんと発言の中に加えたことから、母親だけに負担がくるのではと心配の声も多く・・・

https://twitter.com/kuyoumon1059/status/1085684841348091904

子連れ出勤の政府の後押しに関してまだまだ意見が繰り広げられそうです。

政府はこれをとり、どう対応するのでしょうか。

スポンサーリンク

子連れ出勤で予想される満員電車内での問題点

子連れ出勤となると、『仕事効率の低下』や『周りへの迷惑』『子連れ出勤した人の休憩が十分にとれないのでは?』との声もありますが、特に都会での満員電車通勤に対しては意見が多くありました。

出勤前にお子さんがいる家庭はただでさえバタバタしますし、ましてや都会の人の多い満員電車の中まで子どもを連れていくのは本当に大変なことでしょう。

『子どもが泣いたりして周りに迷惑をかけるのではないか。』

『ベビーカーでのスペースが申し訳ない。』

『子どもが周りの大人につぶされてしまいそう。』

『子ども用の荷物も多くなるなか、ベビーカーや子どもの手を引くのはすごく大変。』

など既に問題点ばかりが上がっています。

子連れ出勤の満員電車での対策は?

実際子連れ出勤の推進が発表されて間もない今、具体的な対策としてはまだあがっていないようです。

もし本当に子連れ出勤がこのまま進んでいくならば、満員電車を始め公共交通機関において最善の配慮を施して欲しいと思います。

具体的な対策として、できるのではないかと意見がでていること等を挙げてみました。

・車椅子とベビーカー専用車両を作る。または、子連れ出勤専用車両。

・子連れ出勤はラッシュ時を避けて出勤できるよう、会社側が時間差出勤の配慮をする。

・子連れ出勤は地域によって取り入れる。(都会で満員電車になると予測される地域は取り入れない。)

・混雑時にはベビーカーはたたむ等のルールをいくつか設定する。(赤ちゃん連れは抱っこ紐だとつぶられてしまわないかと逆に心配事が増えるとも予測されますが。。。)

https://twitter.com/1011_7474/status/1085784206624444418

子連れの周りの寛容な配慮や寛大な心を大切にと言いたいところではありますが、朝の出勤時都会での満員電車を想像するとなかなか難しいところではありますね。

これからどんな対策が検討されるのかにかかっています。

まとめ

子連れ出勤という仕事と子育て両立、待機児童を減らす、安心した親子の環境作りの対策。実施されるとしたら、たくさんの問題点、また対策をねる必要がでてくるでしょう。

これから意見を出し合いながら、国民が一人でも多く納得して協力し合い、目的としている親と子どものよりよい環境作りとなれば幸いです。

スポンサーリンク